ブログ

  • スポーツ外傷
2022/10/19

『骨の変性(腰椎分離症)と診断されもう治らないと思っていた痛みも改善されました』

施術例/10代後半男性

[患者さまの症状について]

陸上の走り幅跳び選手である患者さまは腰の痛みで整形外科を受診したところ腰椎分離症と診断され、手術はせずに保存療法で過ごされていました。

腰椎分離症とは

腰の疲労性骨折。5個ある腰の骨の一番下が繰り返し、ムリな負担がかかる為につなぎ目の関節が折れて(=骨折)してしまう病気です。

[ご来院時の患者さまの症状と特長]

トレーニング中や日常生活おいて、前屈の姿勢や後ろに反る動き、身体をねじる動きの時に腰が激しく痛むとのことで運動検査を行いました。その際、特に後ろに反る動きでは骨が当たるような激痛がありました。

脊中、お尻、腰回りなどの筋肉全体に強いコリや張り感があり、太ももの筋肉(ハムストリング)が硬くガチガチに張った状態でした。

[施術内容]

この運動痛は骨の分離だけではなく筋硬結(筋肉の硬い結び付き)や、筋膜の癒着によるものと判断し、まずは仰向けの姿勢でお尻の筋肉とお腹の筋肉を手技にてほぐし、鍼治療で深部へアプローチしていきます。

次に背中とお尻にかけて同じく手技にて治療後、鍼治療を行いました。

さらに横向きの姿勢からお尻から太ももにかけての大きな筋肉群であるハムストリングの手技と光線療法を行いました。

体の前と後ろの両方から解いていくことで筋硬結や筋膜の癒着を取り除き、さらに光線療法で身体全体の血流循環が改善されていきます。

このような施術を週2回、1ヶ月半継続しました。

[施術後]

痛みが強く後ろに反らせなかった動きや前屈運動制限の上半身もここまで可動域が広がりました!

左がbefore

右がafter

骨が痛みの原因とされた症状でしたが重点的に筋肉の治療をしたことで痛みが改善したということは、痛みの原因は骨だけでなく筋肉の状態が大きく関わっていることがわかる症例です。

もうあきらめていたその痛み その辛さ

鍼灸筋光線療法にアプローチを変えてみませんか?

からだリメイク整骨院院長 三上隼平

からだリメイク整骨院
宮城県仙台市泉区野村字菅間前50-1
B's PLAZA102
TEL:0223-46-6983
HP:https:/www.karadaremakes.com/
LINE:https://lin.ee/jy5LGPa
Instagram:https://instagram.com/karada_remake_seikotuin
YouTuber:https://youtube.com/channel/UC2c5CcX5vDjE8P6MvIs1wLw

コメントは受け付けていません。

前の記事
次の記事
からだリメイク整骨院
TEL:022-346-6983
診療受付時間
10:00~13:30
15:00~20:30

土は10:00~18:00まで営業
日・祝休診

〒981-3124
宮城県仙台市泉区野村字菅間前50-1 B's PLAZA 102
県道35号線泉ヶ岳通り沿い 泉中央駅徒歩15分